このこのごはんはグルテンフリー?グレインフリー?

犬がアレルギー持ちで、ごはんに含まれているものが大丈夫なのか気になる。

最近、アレルギーに悩む犬が増えてきていると聞くけど、何か対策はしているの?

と心配されている方はいらっしゃると思います。

このこのごはんはグルテンフリー?グレインフリー?なのかどうかを詳しく説明していきたいと思います。

是非参考にしてください。

このこのごはんはグルテンフリー?グレインフリー?

このこのごはんは、小麦グルテンフリーです。

そもそも「グルテン」とは、小麦やライ麦などに含まれるたんぱく質の一種です。

小麦粉に含まれる「グルテニン」と「グリアジン」が水を加えてこねることで絡み合い「グルテン」になります。

「グルテンフリー」とはグルテンを含まないごはんのことです。

犬の習性

犬は元々野生に暮らし狩りをする動物でした。

野生で暮らしてきた為、本来は肉食が強いとされています。

肉食が強い為、その反対で小麦やとうもろこし等の穀物は消化がしにくいとされていました。

近年は犬のペット化がすることで、雑食化が進み消化機能が進化していると言われています。

しかし、食べ続けることで小麦アレルギーを誘発している可能性があり、犬の小麦アレルギーが増加しています。

このこのごはんでは近年、犬の小麦アレルギー増加を配慮し、小麦を使用していません。

また小麦と同じ観点から、とうもろこしも使用せずに、代わりに栄養たっぷりの大麦や玄米をつなぎとして使用しています。

犬のアレルギーについて

アレルギーがあるごはんを与えてしまった場合、犬に症状が出てしまいます。

犬のアレルギー症状は軽度、重篤で症状が変わってきます。

  • 軽度の場合:咳や鼻水、くしゃみ等の風邪に似た症状
  • 症状が進行した場合:皮膚の湿疹や蕁麻疹、目の充血などの症状
  • 重篤な場合:下痢や呼吸困難、嘔吐などの症状

これらの症状が見られたは即座にごはんを与えるのやめましょう。

その他のアレルギーが気になる方は、全原材料をご確認ください。

【全原材料】

鶏肉(ささみ、レバー)、玄米、大麦、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも。わかめ、昆布、乳酸菌、セレン酵母、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨末焼成カルシウム、卵殻末焼成カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)

原材料を確認してもアレルギーが大丈夫かどうか判断がつかない場合は、かかりつけの獣医さんに聞いてみると良いですね。

このこのごはんはアレルギーを配慮しながら、栄養も考えられた原材料を使用しています。

アレルギーが心配な犬でも、安心して食べてもらうことができますね。

誤ってアレルギーを含むごはんを与えてしまうと、犬が苦しんでしまうことになります。

飼い主さんが原材料をしっかりと確認する必要があります。

心配な方は獣医さんとも話し合いながら、ごはんを決めていきましょう。

このこのごはんはなぜグレインフローではなくグルテンフリーなのか?

まず「グレイン」とは穀物のことです。

「グレインフロー」とはグルテンフリー同様の意味の、穀物類を含まないごはんのことです。

グレインフリーについて、いくつかの研究結果や見解が出されています。

2019年にアメリカ食品医薬品局(FOA)で行われた犬の食生活と拡張型心筋症の調査結果があります。

拡張型心筋症とは、心臓の筋肉が拡張して収縮力が低下する病気で、息切れ等の症状を起こします。

症状が重くなると最悪死に至る怖い病気です。

調査結果では、拡張型心筋症にかかった犬の約90%がグレインフリーのごはんを食べていることが分かりました。

グレインフリーが確かな原因とは言えませんが、ごはんの原材料によっては問題が起きる可能性があることがあるかもしれません。

また、グルテンフリーについて記事の中で、犬の雑食化が進み消化機能が進化していると説明しました。

その見解により、このこのごはんではグレインフリーではなく、栄養豊富な大麦や玄米の穀物類を使用するようにしてています。

その為、このこのごはんはグレインフリーではなくグルテンフリーなんですね。

まとめ

このこのごはんはグルテンフリー?グレインフリー?なのかどうかを理由とともに詳しく説明していきました。

このこのごはんは、グレインフリーではなく小麦グルテンフリーのごはんです。

小麦グルテンフリーであるのは、近年犬の小麦アレルギー増加を配慮している為です。

グレインフリーではないのは、犬がペット化されたことにより、雑食化が進み消化機能が進化している見解で、なるべく栄養豊富な穀物類を使用する為です。

このこのごはんは、近年の犬の体質を配慮して作られていますね。

アレルギー面からも健康面からも考えられているこのこのごはんを、犬のアレルギー・健康を気にしている方は、是非購入してみてください。

タイトルとURLをコピーしました